情報システム訴訟対応

昨今、企業へのIT導入が高度化し、多用化すると共に、システムが大規模化し複雑になってきました。
これに伴い、ユーザ企業と開発ベンダーとの間で交わされる契約内容も複雑化し、これに纏わる訴訟も増大化しております。

要求した物が納品されないとは、バグが多く使い物にならない、また、いたずらに開発工費が膨らみコスト負担に関するトラブルなど、紛争の内容は多岐にわたり、訴訟や調停の時間的損失も大きくなります。
そういう事件訴訟事件は長引きだけでなく、会社の信用失墜という意味でも、ダメージは大きく、避けなければなりません。

JISCAにメンバーには、実際のIT訴訟の現場で活躍する調停専門員もおり、
生々しい事例を元に、事前にできる予防策などを解説するセミナーも開催しております。

情報システム訴訟対策

CONSULTING