ISC(情報システム・コンサルタント)

ISC資格とは

 ISC(Information System Consultant)資格=情報システム・コンサルタント資格は、特定非営利活動法人日本情報システム・コンサルタント協会(JISCA)が認定する資格です。情報システムのコンサルタントとして要求される広範な能力について基準を設け、実力・実績を評価するための経歴審査と論文審査、コンサルタントとしての応用力を評価するための面接審査の3つの審査方法による試験によって認定を行っています。

 本資格は昭和54年(1979年)から、旧社団法人日本情報システム・ユーザー協会が認定して来たものです。目的は日本における情報システム・コンサルタントの育成で、ITシステムが経営戦略等の上流工程の中で重要な位置を占めるようになって来た現今、ますますその重要性が認められて来ているものです。

 平成26年(2014年)春、ISCメンバーが中心になって上記JISCAを設立したことに伴い、本資格もJISCAが認定事業を引き継ぐものと致しました。IT技術は日々進展していますが、本資格認定の方法は、発足時の理念に基づき、知識に加えて経験及びコミュニケーション能力重視で、変更なく引き継いでおります。

ISC受験のご案内

1. 受験資格
情報システムに関する業務に10年以上従事した者

2. 試験の方法
第1次試験…書類による資格審査と論文審査
第2次試験…面接審査

3. 試験の実施
試験は毎年、春と秋の2回行っています
         < 春期試験 >   < 秋期試験 >
・受験申込締切日   3月 5日     9月 5日
・論文提出締切日   3月31日     9月30日
・面接審査      6月 初旬    12月初旬
*面接審査は、第1次試験合格者のみに対し、原則として東京にて行います

4. 受験手続
受験申込締切日までに下記の書類にてお申し込みのうえ、論文提出締切日までに指定分量の論文を提出してください。

1)提出書類 (ダウンロードして記入の上、電子メールに添付して送付ください)
・受験申込書  LinkIconISC受験申込書
・業務経歴書(1)(2)  LinkIcon業務経歴書
・写真(上半身正面 申込日から6ヶ月以内に撮影したもの、ディジタル)
・これらの書類を提出された方に、受験料振込口座を連絡致します

2)論文について
① 論文審査は永年にわたって積み重ねられた経験や研究の成果などをもとにして自分自身の情報システムについての知識や考え方、問題意識、主張などを文章によって論理的に説明する能力を判定するために行うものです。テーマは自由で、既発表のものでも結構ですが、以下のいずれかが内容に含まれているものとします。
 ・ IT(情報技術)の今後の発展に寄与するような意見、提言
 ・ 情報コンサルタントとしての今後の抱負
 ・ これからの社会と自分との関わり、常日頃主張したいこと
また、既発表の論文は3年以内に発表されたもので、単独執筆のものに限ります。

② 論文の分量は6,000文字以上。補助論文を別途添付することもできます。
 (既発表の論文・補助論文は原本またはコピーでも可)
③ 論文には800文字以内の要約を添付してください。
④ 論文および要約をハードコピーで郵送される場合は、それぞれ1部を提出してください。

3)受験料
  10,800円(上記で指定した口座にお振込みください)

4)提出書類と論文の送付先
  E-mail:isc-exam@jisca.jp

5. 合格の発表
第1次試験(書類・論文審査)、第2次試験(面接審査)の合否は各々受験者にメールにて通知します。

6. その他
提出書類、論文、受験料などはいかなる場合も返還いたしません。

7. 資格の認定について
第2次試験に合格した者は、認定の申請手続きをとることにより、情報システム・コンサルタントとして認定者原簿に登録され、認定書が交付されます。なお、情報システム・コンサルタントは、有資格者で組織する情報システム・コンサルタントの会(ISCの会)に所属することになっています。
申込から認定申請手続きまで次の費用が必要です。
・認定料(第2次試験合格後にお振込みください) 10,800円
・年会費 なし

8. 申込み・問合せ先
日本情報システム・コンサルタント協会 事務局
  E-mail:isc-exam@jisca.jp
  Tel 090-4069-8223